断酒を通じて人生大復活

断酒をして丁寧に生きる

これまで何度か挑戦しては失敗した断酒に再度挑戦!!40歳も半ばになり、再起をかけるべくまずその第一歩として断酒に挑戦します。

同僚との居酒屋

先日、とても久々に仕事後に仲間と居酒屋に行きました。当然、飲みません。ウーロン茶で終始一貫しました。

やはり、聞かれます。「どうして?」「どうしたの?」と。

自分の場合、ある程度の実態を説明することにしてます。

「酒飲みすぎたので控えてる」

これだけです。

「多飲酒がたたり飲酒量のコントロールが出来なくなった。ほぼ依存症なので断酒を始めた、その一環でブログもやってる」

などとは話しません。

だいたい次に聞かれるのが「数値はどう?」と。要は肝臓系の数値のことなのですが、わたしは数値だけみると何故かかなり優秀です。
聞かれる方は、肝臓系の数値が酷く、結果として酒をセーブしている、という回答を期待されているのですが、そこは適当に回答します。

「酒飲まないなんて人生の楽しみをひとつ失っている」「そこまでして止める意味は無い」「酒や百薬の長」と、かつて自分が吐いていたような事を言う人は最近は周囲にはいませんね。

健康志向の強い昨今、聞いている人も心のどこかに断酒・節酒をしなければ、と思いつつも、(以前の自分が踏ん切りつかなかったように)結局二の足を踏んでしまうのでしょう。
この種の話をしているとき、同席している同年代の方々が心なしか神妙な表情をされるので、その憶測は大きくは外れていないのだと思います。

皆さん、心のどこかで断酒出来ればなぁ、と思うところもあるのでしょうが、それほど深刻な状況でも無いので流しているのかと。


断酒に関しての会話はこれで終わりですね。こっちもどちらかというと「聞いてくれるな」的なオーラが出ているのでしょう。

飲酒者からポジティブでは無い反応が来る可能性もあるので、断酒を邪魔するような余計なインプットが来る可能性は極力排除したいものです。

ところで、飲食店においてあるノンアルコールビールってボッタクリの値段だと思うのですが、どうなのでしょう?
お店側の「ノンアルコールビールを飲む人間は、(運転・断酒・節酒等々で)酒を飲んではいけないがソフトドリンクでは我慢できない。要は酒を飲みたくで飲みたくでしょうがないひとなので、少々ボッタクリしても食い付いてくる」という読みがあるのような気がするのですが。。。

それと、ノンアルコールビールを先日何倍も飲んだことがあったのですが、同席者から心なしか、「(ボッタクリの)ノンアルコールでそこまで飲むな!」的な視線を感じたのですが、気のせいでしょうか。。。

よろしければクリックお願いします⬇︎

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

広告を非表示にする