断酒を通じて人生大復活

断酒をして丁寧に生きる

これまで何度か挑戦しては失敗した断酒に再度挑戦!!40歳も半ばになり、再起をかけるべくまずその第一歩として断酒に挑みます。

断酒36日目

断酒もなんとか36日まで持ちました。このところほぼ毎晩のようにノンアルコールビールを飲んでます。本物のビールを思い出すのでやめた方が良い、というご意見を色々と見てますが、自分の場合は今の所普通のビールと何ら変わらず、むしろ安いしこれでホント充分、と思ってます。アサヒのスーパードライのノンアルコールなんて秀逸な出来栄えで、晩酌しても酔わなくて良い、という点でハマってます。


さて、以前もご紹介してますが、YouTube精神科医の樺沢先生のshort tipsを見たので、(自分への備忘録を兼ねて)ご紹介させて頂きます。

人に好かれる方法
人に好かれるにはギブ、テイクばかりの人は嫌われる

職場で抜きん出る方法
一つの事でその職場、例えば20人くらいのトップになることを目指す。要は20人に負けない専門分野を持つ。

メンタルが弱いひと
あたらしい事に挑戦する事が苦手。新しい人との交流会があるパーティに行ってみる、何でも新しいことに挑戦する。プチチャレンジ。

ストレスに強くなる
快適領域から出る、苦手なことに挑戦する。子供の頃に我慢した経験あるとストレスに強い。

自己嫌悪から抜け出す
自己嫌悪は自分の中の悪い事探しを行っている状況。
鬱はネガティヴ探しの究極の名人であり、自分の悪いところを探す名人。繰り返し自分を責めるようになると鬱の入り口。そうなると切り替えが難しい。思いを断ち切るにはセロトニンが必要。セロトニンは生活習慣の改善で増える。朝20〜30分の散歩で増える。 考え方を変えるのは難しいが、生活を変えるのは可能。

愚痴は言うべき?
幸福になりたければ言ってはならない。ネガティヴなことを言うと不幸になることはアメリカで実証されている。前向きなことを言うと幸福になる。アファメーション、例えば神様に感謝する、ありがとう、今日も頑張る、といった前向きなことを言うべき。
斎藤一人さんの教えは医学的にもサポートされたのでしょう)

行き詰まってどうしようもない時
誰かに相談する。問題は解決しないが、相談することで不安が解消される。問題を一人で抱える事で小さい問題が大きく感じられ、大きなストレスになる。脳の中では物事を言語化する(相談するには相手に言葉で説明必要)ことで感情が抑制され、不安が減る。不安が減る事で冷静になり、良い解決策がうめれる。

運を良くする方法
神社に行くと運が良くなる、これは良いことを探すモードに入るから、精神患者は悪いことを探す天才。ポジティブ心理学のように、良いことを考えると脳ははたらきがアップ。良いこと探しモードに入ることで良いことを見つけやすくなり、結果的に運が良いと思えるようになる。

前にも書きましたが、この先生の言うことは何ら捻ったウケを狙うものではなく、非常にシンプル且つ誰でも実行可能なアドバイスである点が自分には合ってます。

ハウツー本読んでとても良いアドバイスだと思っても実行不可能な場合は意味無いですよね。
例えば、どこかの本で『職場の人5人に自分の良いところ、悪いところを書いてもらう』なんて課題がありましたが、こんなの出来ます?
誰かがそんなことをやりだしたら、普通は「変なセミナーでもハマったか?」と噂されるのがオチではありませんかね?

宜しかったら👇クリックお願いします。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村